ブログ

みなさんは、「旅ラン」知っていますか?

旅ランとは、出張や旅行で訪れた街の魅力を発見しながらランニングすること。


仕事で「福井県鯖江市」に行ってまいりましたが、ついに旅ランデビューいたしました。

宿泊先のホテルを朝6時にスタートし、周辺を3.5キロランニングしました。

この旅ラン。

かさばるシューズを持参しなければならないことを除いては、本当に素晴らしい。

見慣れぬ風景。空気感。人との出会い。

鯖江の西山公園をランニングしていると、すれ違う人100%に「おはようございます!」と声をかけられました。鯖江の文化なんでしょうか?

まったく知らない道を進んでいくと、展望台に。

なんという眺望。



そのあと、鯖江駅周辺の中心商店街もランニング。

大きなお寺が突如現れ、参拝。

「真宗誠照寺派 本山 誠照寺」これまたスゴイお寺。



感動が尽きません。

旅先でのランニング、皆さまおススメですよ。特に「朝」。


NHKでは、「ふらっとあの街 旅ラン10キロ」という番組もあります。

(高岡うまれの皆様)

なぜ、私たちは、高岡に生まれたんでしょうか?
北海道の最北端のまちでも、沖縄の離島でも、都市部のマンションでもなく、私たちの出身はここ「高岡市」です。


いやぁ~、サザンオールスターズが好きだし、太平洋側の湘南とか鎌倉辺りがよかったなぁ~とか、風情のある京都の町屋がよかったなぁ~とか、富士山を毎日眺められる河口湖周辺、いやいや、東京都心が絶対によかったなぁ~とか、いろいろあると思うんですよね。

「自分の街の魅力はなかなか気づきにくい。」


大学時代、宝塚市の友人に「宝塚歌劇見放題やん!」と言ったら、「行ったことないよ。」と。
まっ、これは、ただ、男性だったからということかもしれませんが(笑)


最近仕事で県外からのお客様に高岡のまちをご案内したのですが、街路樹や道路わきの花壇をみて、
「この街きれいですね。」と。
何気ない生活の景色が県外の人から褒められると、これまたジワリと嬉しいんですよね。皆さんも経験あると思うんですが。その時に、自分は”高岡市民”なんだと再認識させられます。


さて、そんな我が町”高岡”の根幹。高岡が始まった場所を学ぶ企画をご用意いたしました。
その名も「幸せの朝楽校★『古城公園を語れずして高岡は語れず』」です。
今週末10月27日(土)雨天決行です。皆さまのご参加お待ちしております。
下記は、本保先生から頂いたネタ帳。初心者向けにお願いします!とお伝えしておりましたが、”学び多き朝”になりそうですね♬ 楽しみです。
イベント詳細は、Facebookページをご覧ください。
https://www.facebook.com/events/282048645833977/



この週末、天候にも恵まれたくさんの観光客の方が高岡大仏を訪れていらっしゃいました。
公園内が人で溢れかえり、前に進むのにも、先の団体が進んでから。

「いやぁ~、高岡大仏大人気ですね!」
と、最近よく言われますが、、『課題』として、

『お金が地域に落ちていない。』ということがあります。

和倉温泉への通過点、滞在時間は平均20分、トイレしてバスへ直行。


大型バスの駐車場も、大仏裏、横の観光駐車場も気前良く、すべて『無料』

有料にしたら、だれが来るねん!って話ももちろんあると思いますが、


外貨を稼ぎ、地域内で回す。という、当たり前のことが、なかなか思うようにできていない。
歯がゆいですよね。

大仏エリアで、「稼ぐ」をもっと意識すべきですよね。
素晴らしい価値をもっともっと提供して、正当な対価としてお金を頂戴する。

その稼ぎを、地域に再投資。

大仏エリアでのマネタイズを真剣に考えないといけません。

大仏エリアでこんなことやったら、いけるんちゃう?というアイディアありましたら、
ガンガン行動して形にしていきましょう!


改めてそう感じさせられた、週末の光景でございました。w