ブログ

いつも「だいぶつ朝食堂」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
台風接近のため明日の明け方にかけ、天気が荒れるのおそれがありますので、の朝営業を臨時休業とさせていただきます。

皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。  

9月27日(木)観光ボランティアガイド北陸大会が高岡市で開催されました。

高岡からは、高岡大仏・古城公園エリアを中心に活動している「やまたちばな」を含め6団体が参加。※私は、やまたちばなのメンバー
そして、石川県、福井県からも数多くの方が参加し、商工会議所の会場内には、350名を超える人が集まりました。

会場では、「えっ?ガイド?こんな若い人がいるんや、うらやましい!うちの団体にも若い人入ってくれたらよいのに。」と声をかけられました。
俺、まだ若者だったんだ、、嬉しい!ということは、置いといて、


確かに見渡す限り、平均年齢は、60代前後というところで、20代、30代と思われる人は、私を含め数人といったところでしょうか。
そもそも、この『観光ボランティア』なるもの。みなさんは、仕組みはご存知でしょうか?

・観光ボランティアというのは、市の観光協会を通じて依頼が入り、一回あたり1000円のガイド費が支給される。これは、観光ボランティアの所属団体が全額もらう場合、団体とガイド本人が500円ずつ分ける場合等がある。やまたちばなについては、昼食代、交通費相当という名目で後者。

・ガイド対象人数は、まちまちで、多い時には40~50名を一挙に引き受ける場合もある。私自身、クラブツーリズムの旅行客の方々40名程度に高岡古城公園を案内させていただいたことがある。

・団体の活動費は、会費(そんなに高くない。)や上記のガイド費、またオリジナル観光ブックを制作している場合には、その売り上げの一部が充てられている。

・年数回のガイド研修(市内、県外)また、年末には、忘年会が開催されている。(やまたちばな)

さて、皆さんは、この「観光ガイドボランティア」やってみたい!!と思われた方はいらっしゃいますでしょうか?

なかなか、若い人増えないんですよ。

ちなみに、増えない理由は、一般的に下記のようなことが挙げられています。
【若い人】
①そもそも、興味がない。ほかにやりたいことがいっぱい。
②時間がない。家族や恋人、子どもと過ごす時間が第一
③お金にならないこと、やる意味ある?お金を稼がないと、生活が苦しい。

【60代以上の方】
①故郷の魅力を伝えたい。地域に恩返ししたい。
②年退職して時間もある。まだ体は元気だし、何か活動したい。
③年金をもらって生活はある程度保証されている。生活費を稼ぐ必要はないので、ボランティアで十分である。

若い人に参加してもらう、『観光ガイド』を生活の中に組み込んでもらうには、60代以上の方と別アプローチが必要だと思いますよね。

ちなみに、若い人が参加したいくなる「観光ガイド」って何でしょうか?
例えば、
・自身をスキルアップさせる要素がある。
・稼げる要素がある。
・単純にかっこいい。  などなど。

『稼げる』がある時点で、ボランティアの域を超えてしまっていますが。(笑) 
自分だったら、上記の要素は結構重要ポイントです。  


ボランティア大会に参加してみて、感じたことを書き連ねてみました。 

ちなみに、大会は、美味しい弁当も食べられ、また、県外の人とも交流ができて、相当楽しかったです♪ 来年の福井大会も楽しみです。



飲食店でお客様が周囲を気にする間もなく悲鳴を発するケースは、どんな場合があるでしょうか。
飲食店でアルバイトをして経験談をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。



さて、 「だいぶつ朝食堂」では、営業100日を超え、「悲鳴」はこれまで無かったのですが、その日は突然にやってきました。



「アッー!アァァッ(><)」




カウンターにいた私も、周囲のお客様もびっくりドンキー。

さて何が起こったのでしょうか?


クイズ形式でいきます!三択です!



①泥棒が店内の商品を持って逃げた。

②店先に車が突っ込んだ。

③店内に大っ嫌いな虫がいた。


よーく考えてください。

①だとしたら、こんな悠長にブログ書いてる場合かっ!

②だとしたら、ニュースになってるやろっ!

③だとしたら、お店の信用がた落ち、マジでブログに書いてる場合かっ!


と、言われるかと思いますが、確実に正解がございます。




























『③店内に大っ嫌いな虫がいた。』

が正解。

 証拠写真がこちらです、 

当店では、季節を前面に出した店づくりをしており、バッタが店内を飛んでいたのは事実です。

悲鳴を上げたお客様が、県内で活動している“芸人”の方だったので、


「よっ!ナイスリアクション。やっぱり違いますね!!」
と言ったら、リアルに“虫嫌い”とのことで素だったと。




これは、失礼いたしました、、
リアル過ぎるのも、いけませんね、、

皆さんのお住まいの所には、独特の習俗をもった、風変わりな祭、いわゆる「奇祭」はございますでしょうか?

「ある、ある。」そんな声が聞こえてきそうですが、


これからシーズンに開催される、高岡市の奇祭を三つご紹介しましょう。
今週末からのお祭りもあります。ぜひ行ってみてください!


①つくりもん祭り(9月23日~24日)

 野菜や果物等を用いて人形などを作り市街地各所に飾り、五穀豊穣を祈願する素朴で趣向を凝らした福岡町を舞台とした奇祭(Wikipedia)
 結構細かい作業だと思われます。大作には正直感動します。


②中田かかし祭り(9月23日~24日)

 町中にクスっと笑えるかかしがズラリ。カオスな空間がたまらなく心地よい中田を舞台とした奇祭
 芸術!センス♬ という言葉が正直苦手な私にとってドンピシャな祭り。この感じは病みつきになります。


③万葉朗唱の会(10月5日~7日)

  万葉集全20巻4,516首を、三昼夜かけて歌い継ぐという奇祭  私は、深夜3時枠、また土砂降りの中など、いろんなシチュエーションで朗唱した経験があります。体力的に最近は昼枠ですが、今年も欠かさず出場しますw 


やばいっ!


一番紹介しないといけないお祭りを忘れていました。

そうっ!高岡大仏まつり!


お身ぬぐいは、事前に申し込まれた方だけですが、
一年に一回、『誰でも』この日だけ、『無料で』大仏さんの台座に上がれます!

なんといっても、魅力POINTは、

大仏さんをBIGスケールでご覧いただけること!(以下の写真の感じです。)

だいぶつ朝食堂を食べて、その流れでお祭りへLet’s Go!